記事一覧

白岡町白岡M様邸

先日お見積りをご提出させて頂きました、白岡町のM様でございますが、昨日の午後お伺い致しまして、当店へご依頼下さるというご返事を頂戴致しました。
この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

今回の施工に際しては、外壁面の上段と下段のサイディングタイプが異なりますが、上段は日本ペイントの2液ファインシリコンフレッシュ、そして下段は高意匠サイディングボード復元工法として、日本ペイントのピュアライドUVプロテクトクリヤーを塗装する仕様となりました。

ファイル 179-1.jpg

高意匠サイディングボードの場合、お時間が経過しますと、元々の意匠を無くすような施工になりますが、7年から10年の間ぐらいで表面がチョーキング(塗膜が劣化すると触った際に粉が出てしまうこと)していなければ、そのままクリヤーで復元出来てしまうのであります。

幸いにもM様邸は、そういったチョーキングが起きていない為、全く問題無く行えるのであります。

ファイル 179-2.jpg

今回のタイプの塗装に際しては、施工工程を踏みながら、徐々にその工法をお知らせしたいと思います。

また、今回のクリアー施工に際しては、CS放送絡みで現場にTVカメラが入り、塗料の性能やタイプ・施工の模様・お客様のインタビュー、そして担当者私のインタビューも入り、春頃全国ネットでケーブルTV、スカパー、インターネットでも放送されます。

高意匠サイディングの施工に際して、お困りの方には朗報であり、今年はその施工できっと多くの方が喜ばれるのではないかと思っております。
随時日記に記録していきますので、こちらも合わせて宜しくお願い致します。
収録に快くご了解頂きましたM様には、重ねて御礼申し上げます。

コメント一覧

トラックバック一覧