記事一覧

日本ペイント・UVプロテクトクリアー現場完成です!

さいたま市見沼区のI様邸が無事に完了致しました(^^ゞ
今年第一弾のお仕事と致しまして、日本ペイントの高意匠サイディング・復元工法のUVプロテクトクリアーで施工させて頂きましたが、その他の仕様として、屋根はサーモアイ4F(遮熱フッ素)そして付帯部はI様の要望で、シリコンセラUVを用いた、明るいポップなカラーをポイントにして、とっても素敵に仕上がりました!

施工前
ファイル 430-1.jpg

完 成
ファイル 430-2.jpg

意匠を再現出来たクリアー塗装の様子。

施工前
ファイル 430-3.jpg

完 成
ファイル 430-4.jpg

実物は更に良い感じですよぉ(^^ゞ

I様!施工期間中は色々とご配慮、御持て成し下さいまして心よりお礼申し上げます。

建物・素材がよみがえるのって、本当に気持ち良いですね(*^_^*)
塗装施工店になって良かったぁ!!

この気持ちを常に秘め、続いての見沼区K様邸も頑張ります(*^^)v

サイディング壁・紫外線カットタイプの塗料

新春第一弾の施工は、さいたま市見沼区のI様邸になります。
今回の施工の仕様は、高意匠サイディング・復元工法の、日本ペイント製品UVプロテクトクリアーです。
ファイル 428-1.jpg

築後10年前後までに可能な工法であり、それ以上の年数を超えると、サイディングの表層の焼けや劣化で用いる事は出来なくなりますが、いくつかのポイントを注意又は手を加えれば、勿論使用する事は可能です。

高意匠のサイディング材は、工場で元々デザインがインクなどで施され、それにクリアーを塗って製品化され、現場で貼って取り付けという事になりますが、いくつかのメーカー製品を除いては、経年の劣化と共にデザインの衰えがみられ、当初施したクリアー層まで痛め、10数年経ちますと水分を吸収しやすい素材になります。
弊害としては、ふやけたり反り返ったり、ひどい時には割れが生じます。

そうした状態になる前に、UVプロテクトクリアーを施しますと、サイディングボード壁面の延命効果に大きな役割を果たします。

ここで、UVプロテクトクリアーを施す上での重要なポイントを2つ説明致します。

①シーリング交換の際には、サイディング目地と同じカラーを選定する事。

②壁面で劣化した所(釘の頭や、西面・南面の色の変色)は、日本ペイント2液の塗料製品で手直しする事。

①は、美観的な問題です。元の素材を残しクリアーで復元する訳ですから、このシーリングカラーに気を使わないと、デザイン的にシーリング部分が浮いて見えます。
但し、ユーザー様目線で気にならないという事でありましたら、ここは重要なポイントから外して下さい。(当店はかなり近い色まで選定し打直します)
★元のサイディング・シーリング目地
ファイル 428-2.jpg

★交換後のサイディング目地
ファイル 428-3.jpg

②については、タッチアップと言う作業で、劣化していない部分と同化させる作業になりますが、ただ色を塗れば良いという事では無く、UVプロテクトクリアーと相性の良い塗料を使わないと、クリアーを塗る事によって下地直し部分塗装を引っ張ってしまいます。

その事によって、後で縮れたり浮いたりという事が発生しますので、下地のタッチアップに関しては、日本ペイント・2液型ファインシリコンフレッシュが100%適合しますので、こちらがお勧めでございます。
*1液タイプのウレタンやシリコンは使用しないで下さい。

★タッチアップ・面の復元の例
ファイル 428-4.jpg

ちょっと余談になりますが、このUVプロテクトクリアーは本当に優れものであります。

その理由としては、元々チョーキングという言葉は、塗料に含まれる顔料(カラー)が紫外線にあたる事によって、劣化する現象の事を言います。
名前だけでUV=紫外線ですが、UVプロテクトクリアーはクリアーの為、顔料を含みません。
従いまして紫外線をバリアーする為、チョーキングするという事が起にくいのです。

必ず劣化はしないという事ではありませんが、工場出荷時の状態よりは、はるかに良いグレードの施工になりますから、お気に入りの意匠デザインを保護すると言う意味で大変素晴らしいと思います。


UVプロテクトクリアーの扱い第一人者
当店の奥山哲也です
ファイル 428-5.jpg
日本ペイント・UVプロテクトクリアーのDVDにも出演しています(*^^)v

クリアー工法!感動の完成編

越谷市S様邸のクリアー工法・UVプロテクトクリアーの塗装が完成致しました!
前回の日記で、色々と頑張った部分をお知らせさせて頂きましたが、私達も納得できる、そしてS様にも大変喜んで頂く結果となり、楽しんで工事を行う事が出来ました。

プライスも少々勉強させて頂きましたが、それ以上に施工でサプライズという事で、今回行った内容は下記の通りです。

その1
付帯部のカラーが偶然新品の塗料があった為、2液のシリコンの予定のところ、2液のフッ素(日本ペイント・ファイン4Fセラミック)を使わせて頂きました(*^^)v
アップグレードです!

その2
この部分は各施工店様の考えで様々なのですが、シーリング部分に工夫させて頂きました。
詳しい内容はお店秘密とさせて頂きます。(S様にはお知らせ致しました)

そしてビフォーアフターです(*^_^*)

施工前
ファイル 347-1.jpg

完成
ファイル 347-2.jpg

完成部分の様子

ファイル 347-3.jpg

ファイル 347-4.jpg

ファイル 347-5.jpg

当店を全面的に信頼して下さいましたS様には、この場を借りて心よりお礼申し上げます。
また工事終了後では、荷物の移動についてご指摘がありました部分は、今後の当店の糧とさせて頂きます。
嬉しいお言葉、厳しいお言葉、同時に感謝しております。

本当にありがとうございました。

クリアー工法・下地の再現が重要です!

越谷市のS様邸の工事でありますが、現在中盤となりました。

本日の作業はクリアーをかける前の下地調整です。

一般的に高意匠サイディングボードは、レンガ調やタイル調という模様がついています。
ある程度時間が経過すると、表面のクリアー装が劣化しだし、下の模様まで退色したり変色したりします。
このクリアー層が機能を発揮しないと、下の模様はペイントでつけられたものではなく、“インク”でつけられたものですから、ここからは一気に劣化への道と辿ります。

この劣化が著しく進みますと、高意匠を再現するクリアーは難しいとされています。

メーカーにおいても推奨の年は、8年から10年くらいで行うのが望ましいとされていますが、現実的には10年や12年経過した頃に、塗り替えを検討するというお客様も多いかと思います。

(建てた当時、サイディングは再塗装の必要が無いと伺っている方が多いためです)

今回のS様邸においても、ギリギリ間に合うかどうか?という事で、工事を進行させましたが、南面や北面の一部で、そのままクリアーをかけると下地のシミが残ってしまうという部分も見受けられ、いったん作業を停止し現場のスタッフと相談し合いました。

結果としては、ボードを張り付ける釘の頭は、元々変色はしておりましたので、まず先に釘頭から色を合わせて行いました。
ファイル 346-1.jpg
しかし釘頭だけでは、上記のようにボードとの色の差が出てしまう為に、ボードの色を作り、下記の画像のようにぼかしました。
ファイル 346-2.jpg

別の面のサイディングです。
ファイル 346-3.jpg

下地補修↓
ファイル 346-4.jpg

クリアーをかけ完成です!
ファイル 346-5.jpg

何とか再現できましたので、これで一安心です(*^^)v

高意匠サイディングボードをクリアーで復元するには、経験と技術、そして根気が必要です。

釘の頭だけでも数千ヶ所ありますので、じっくりと時間を取らなければなりません。

今のデザインが気に入っている方は、どうぞ原島塗装店へご一報くださいね!

お気持ちでサプライズ!?

2月15日より入らせさて頂きました、越谷市のS様邸ですが、現在はシーリング打ちかえ作業まで終了し、順調に進んでおります。
ファイル 343-1.jpg

高意匠サイディング復元工法の、日本ペイント・UVプロテクトクリアーですが、クリアーを施す前に、色が変色した部分も再現しております。
サイディングを固定する釘の部分は、新築時には色をタッチアップしただけですので、その部分は、非常に目立ちます。
ファイル 343-2.jpg

この部分を同化させることができましたら、いよいよクリアーをかける事になります。
S様!復元工法、どうぞ楽しみにしていて下さいね。
また、サプライズを2つ今回ご用意致しましたので、後日お話させて頂きます!

引き続き宜しくお願い申し上げます。

日本ペイント・クリアー工法お任せ下さい

現在の現場は「ココロも満タンに」のコスモ石油、ラポール吉川SS工事に入らせて頂いております。
週末からは、吉川駅前SSとなります!
SS営業中の作業で恐縮ですが、お客様、SSスタッフ様、どうぞご協力の程宜しくお願い致します。

先日終了した府中市の住宅塗装の後は、越谷市のS様邸に入らせさて頂きます。
先日ペイントカフェにご来店頂きました(記事はペイントカフェ・店長の部屋にも掲載されています)
工法としては、日本ペイントのUVプロテクトクリアーとなります。

ファイル 340-1.jpg

現行のサイディングを復元させる方法でありますが、当店はいくつもの現場経験がありますので、自信たっぷりです(*^^)v

このUVプロテクトクリアーは、当然の事ながらクリアーだけに、顔料(色味)を含みませんので、紫外線による塗膜の劣化というものが、起きにくいのが特徴です。
つまり期待耐用年数が、通常の汎用塗料に当てはめますと、フッ素同等と言われております。

そんな素晴らしい塗料を使って、今回の施工も精一杯頑張りますので、S様!どうぞ宜しくお願い致します。

さいたま市見沼区K様邸完成

約1週間の工期を頂戴し、本日工事が終了いたしました。

本来であれば無事にと付け加えたいのでありますが、足場架設の際にフェンスに傷をつけてしまい、不可抗力であったとしても、初日からK様に不安を与えてしまった事は事実であります。

その後、作業スタッフの仕事振りで信頼を回復する事となりましたが、K様の寛大なお心遣いに救われた事は言うまでもございません。
まずはこの場を借りてお詫びと御礼を申し上げたいと思います。
(傷の個所はリペアにて修復済です)

工事の仕様については、下記の通りです。
屋 根:日本ペイント、サーモアイSi
外 壁:日本ペイント、UVプロテクトクリアー
付帯部:日本ペイント、ファインシリコンフレッシュ

施工前
ファイル 276-1.jpg

完 成
ファイル 276-2.jpg

壁面接写

施工前
ファイル 276-3.jpg

完 成
ファイル 276-4.jpg

屋根のカラー、サーモアイSi(ライトグリーン)
ファイル 276-5.jpg

築12年の壁でありながら、見事に新築時同様の状態に再現出来ました。
屋根は元々ブラックでありましたが、明るめなイメージにしたいという事と、反射率が高いカラーを選定されました。

意外とバランスが良く、仕上がりました(^^ゞ
まだまだ外壁のUVプロテクトクリアーは、多くの素材の現状復帰に一躍かいそうですね。
では(^.^)/~


原島塗装店 原島信一のツイッター
↓こちらをクリックして下さいね。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

上尾市S様邸完了

本日S様邸は足場を外しまして、工事が完了致しました。
施工期間中は、色々とご配慮を頂き、また施工に対してのご協力を頂きました事を、心よりお礼申し上げます。

施工仕様は下記の通りです。
屋根:日本ペイント・2液ファイン4Fベスト遮熱
外壁:上段、日本ペイント・水性シリコンセラ
外壁:下段、日本ペイント・UVプロテクトクリアー
付帯部:日本ペイント・2液ファインシリコンフレッシュ

今回の工事のポイントは、仕様を見て頂いただけでは分かりにくいかと思いますが、外壁の上段は、弾性リシンでありました為、熱膨張による膨らみを考慮し、水性シリコンセラの3分艶で仕上げました。

(熱膨張による膨らみは、弾性スタッコ・弾性リシンの膜で起こりうる事態です。施工仕様の詳しくは当店にお尋ね下さいませ)

外壁の下段は、高意匠サイディングボードでありましたので、クリアーで仕上げる工法で行いました。
既存のデザインを壊さないようにという事で、クリアーの仕上げとなりましたが、その前には多少の意匠の劣化と、サイディングを打ちつけた時の釘、ここは目地と合わせるタッチアップが施してありましたが、サイディングの表面は塗料ではなく、インクにて意匠を元々工場塗装してありますので、後から現場で釘頭を目立たなくする塗料とは異なる為、時間が経つと、変色の差の違和感が出て来てしまいます。

クリアー施工前(釘頭の変色)
ファイル 234-1.jpg

クリアー施工後(釘頭の色は、どこか分かりますか?)
ファイル 234-2.jpg

お見積り当初は、この違和感は私共でも感じていた為、100%とは言えませんが、目立たなくする事をお客様にお話させて頂きましたが、最初は「気にかかりませんので」という事でした。

しかし、ここで分かりましたと言う事で、補修もせずそのままクリアーをかけていたら、その違和感は残ったままですから、プロであれば「お客様が気にしないしろ、自分は気にする!」という意識になるのが当然です。
結果としてシーリングや目地や平面の補修を行いまして、違和感を無くすように致しましたが、この何処まで行うかの加減は難しいと感じた作業となりました。

それにしても、足場を外した後は、施工前とはかなり変貌し大変素敵になったと思います!!
私も嬉しくなっちゃいました(*^_^*)

さて全体の施工前と施工後です。

施工前
ファイル 234-3.jpg

施工後
ファイル 234-4.jpg

屋根の施工後
ファイル 234-5.jpg

S様、色々と勉強させて頂きまして、本当にありがとうございましたm(__)m
引き続き宜しくお願い致します。

上尾市S様邸着工

この度のS様邸においては、既に工事は昨日より足場かけ作業に入らさせて頂いておりました。

ファイル 227-1.jpg

29日・30日と塗魂ペインターズのボランテイアで、埼玉にはおりませんでした為、初日の朝は親方に立ちあってもらいました。
私ごとでありながら、ご理解・ご協力下さいましたS様には、この場を借りて心よりお礼申し上げます。

本日はシーリング撤去と下地調整の作業であります。
引き続き宜しくお願い致します!

白岡町M様邸完成画像

完成した日に逆光の為撮影出来ませんでした、M様邸の画像が撮れましたので本日は掲載させて頂きます。

施工前
ファイル 199-1.jpg

完 成
ファイル 199-2.jpg

今一度M様邸の仕様をお知らせ致します。

外 壁:上段・日本ペイント 2液ファインシリコンフレッシュ
外 壁:下段・日本ペイント 2液UVプロテクトクリヤー

付帯部:日本ペイント 2液ファインシリコンフレッシュ
(雨樋・破風板)
霧除け:日本ペイント 2液ファイン4Fセラミック
軒 天:日本ペイント ケンエース


見事に復元させた形となりました(*^_^*)

明日は最終撮影で、再びMご夫妻様にご登場頂きます。
引き続き宜しくお願い致します。

クリヤー塗装仕上げ

昨日の1回目の塗装の後、本日クリヤー塗装2回目の仕上げとなりました。
ファイル 192-1.jpg

画像でもかなり良い状態でありますが、実際を拝見しますと、ううん!潤っているという感じになります。

ファイル 192-2.jpg

日本ペイント・ピュアライドUVプロテクトクリヤーは、艶を好まない方は3分艶、通常でありましたら全艶という2パターンが用意されています。

もちろん好みもありますので、どちらが良いのか?はお客様次第であります(*^_^*)

クリアーで仕上げるにあたっては、いくつかポイントがありますので、この度の体験を踏まえて後日レポートしページに新コンテンツとしてアップさせて頂きます。

クリヤー塗装開始

本日はクリアー塗装1回目となりました。

通常の外壁塗装に際しては、下塗り1回の上塗り2回、計3回で仕上げられますが、ピュアライドUVプロテクトクリヤーの仕様は、上塗り2回で仕上げる工法となります。

1回塗っただけでも、この仕上がり。
ファイル 191-1.jpg

撮影で緊張している?奥山君^^;
ファイル 191-2.jpg

今回の塗装においては、TV局のディレクターさんも、かなりサイディングボードの特長も勉強されており、プロの私でも目から鱗が落ちる状態になり、本当に有難く貴重な体験をさせて頂きました。

高意匠サイディングを装っておられるお客様には、その情報をしっかりとお伝えさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

では(^.^)/~

白岡町M様邸・収録1日目

本日は明日より入らせさて頂きますM様邸にお伺いさせて頂きました。
先日も告知させて頂きましたように、ケーブルテレビ放映の収録も行われました。

M様邸においては施工前の様子、そして私が現地を調査している場面、打ち合わせの様子、今回の仕様にした理由という部分で、お客様にインタビューがありました。
ファイル 183-1.jpg
M様は緊張も無く自然とお話をされましたが、私はガチガチです。

その後当店に移動し、今回施工する日本ペイント・ピュアライドUVプロテクトクリヤーの効果・期待についてや、高意匠性サイディングボードのイロハなどインタビューを受けました。
ファイル 183-2.jpg

自分で話しをしていながら、改めてクリヤー工法の素晴らしさを確認し、本来1色塗り・又は目地と凹凸部分の2色分け、他の方法はないの?と探していたお客様に対し、新工法として自信を持ってお勧めする事が出来るかと思います(*^^)v

ただし、あまり年数が経過しておりますと、その工法も微妙である事は付けくわえさせて頂きます^^;

では明日も頑張ります(^.^)/~

白岡町白岡M様邸

先日お見積りをご提出させて頂きました、白岡町のM様でございますが、昨日の午後お伺い致しまして、当店へご依頼下さるというご返事を頂戴致しました。
この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

今回の施工に際しては、外壁面の上段と下段のサイディングタイプが異なりますが、上段は日本ペイントの2液ファインシリコンフレッシュ、そして下段は高意匠サイディングボード復元工法として、日本ペイントのピュアライドUVプロテクトクリヤーを塗装する仕様となりました。

ファイル 179-1.jpg

高意匠サイディングボードの場合、お時間が経過しますと、元々の意匠を無くすような施工になりますが、7年から10年の間ぐらいで表面がチョーキング(塗膜が劣化すると触った際に粉が出てしまうこと)していなければ、そのままクリヤーで復元出来てしまうのであります。

幸いにもM様邸は、そういったチョーキングが起きていない為、全く問題無く行えるのであります。

ファイル 179-2.jpg

今回のタイプの塗装に際しては、施工工程を踏みながら、徐々にその工法をお知らせしたいと思います。

また、今回のクリアー施工に際しては、CS放送絡みで現場にTVカメラが入り、塗料の性能やタイプ・施工の模様・お客様のインタビュー、そして担当者私のインタビューも入り、春頃全国ネットでケーブルTV、スカパー、インターネットでも放送されます。

高意匠サイディングの施工に際して、お困りの方には朗報であり、今年はその施工できっと多くの方が喜ばれるのではないかと思っております。
随時日記に記録していきますので、こちらも合わせて宜しくお願い致します。
収録に快くご了解頂きましたM様には、重ねて御礼申し上げます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

最近のコメント

未承認
未承認
2017/06/07 15:22
非公開
非公開
2017/05/08 18:08
Re:埼玉県東松山市の斉藤様邸です!
齋藤 茂
2016/05/09 13:14
Re:11月度の稼働近況です!
営業・原島
2012/12/18 21:54
Re:11月度の稼働近況です!
m
2012/12/17 23:49