記事一覧

シーリング工場見学

今回は塗魂ペインターズメンバー、茨城県土浦市の筒井塗装・筒井さんの企画で、オート化学工業様(茨城県北茨城市)の工場見学及び講習会を受けて参りました。
サイディングの塗装工事の中で、切っても切れない縁のシーリングでありますが、この度の勉強会を通して、いかに情報が偏っていたのか?という現実を突き付けられました。


もちろんどのメーカーの製品も、様々な研究を重ねて市場に出ているかと思いますが、シーリングの歴史、そして企業秘密?なる実験まで見せて頂くと、これは事実として受けとめなければという思いと同時に、もっと自分の目や足で確かめなくてはならないと感じました。

ファイル 306-1.jpg

通常塗料でも、アクリル、ウレタン、シリコンなどと、何となく製品価格の差異から、シーリングにおいても、アクリルシーリング、ウレタンシーリング、変性シリコンシーリングと樹脂の質まで良いものと錯覚していた部分がありました。


もちろん、シーリングの打ちかえ方法は、どの製品でも共通しておりますが、ブライマーの重要性なども再確認し、大変充実した勉強会でありました。

今後は当店としても、こちらの製品を積極的に取り入れて、お客様にご提供する次第であります。


また更に勉強を続けるとすれば、塗料との相性や密着の問題に注目して行きたいと思います。

引っ張り強度試験の様子。(画像提供・筒井塗装様)
オート化学工業社製・ウレタン
ファイル 306-2.jpg

他社製・変性シリコン
ファイル 306-3.jpg

サイディング別・屋外暴露場
ファイル 306-4.jpg

工場内に建物まで建てて実暴しています!
ファイル 306-5.jpg


最後に、今回の場を取り計らって下さいました、筒井塗装・筒井さん、そして1日我々の為に職務を中断して、様々な情報公開をして下さいましたオート化学工業様には、心よりお礼申し上げます。


原島塗装店 原島信一のツイッター
↓こちらをクリックして下さいね。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

桶川市K様邸コーキング作業

本日の作業は、外壁・屋根の下塗りの作業を行いました。

ファイル 198-5.jpg

その前に、下地処理の一部としてコーキングの打ち替えを昨日行いましたので、その状況を記したいと思います。

K様邸においては、外壁部分のコーキング全撤去の後に打ち替えという順序でありますが、新築時に行われていた作業の乏しさが、今回の施工ではっきり致しました。

お見積り時にもある程度存じておりましたが、あまり前の方がどうだ、こうだという事でお客様の不安をあおっての説明を好まない為に、結果として今のタイミングになりました。

もちろん当店にご依頼頂いた以上は、前回やった方の手を離れる訳ですので、施工後の責任は今後私共に覆いかぶさるのは言うまでもありません。

まずは窓枠の施工前です。
ファイル 198-1.jpg

拡大します。
ファイル 198-2.jpg

写真を見て分かって頂けると思いますが、コーキング割れ目の中央に見える白いものはバックアップ材です。

サイディングの貼り方によっても異なりますが、通常なら窓枠部分は、今回のような厚みのあるパックアップ材は入れない事もあります。

写真での状態はパックアップ材を入れて、その上にコーキングが充填されているのですが、充填という言うよりは、飾りで乗せただけのような、2mmしか厚みが無いのです。

これでは新築時より1年ぐらいで裂けてしまうのは当然になります。

悪く言うのは好みませんが、コーキングをケチる為に太めのパックアップ材を入れ、コーキングを盛った程度の作業と思われても仕方ないやり方なんですね(怒)

このような施工でも雨漏り等の弊害は出てなく、良かったという事が幸いであります。

新たにコーキング材を充填致しました。
ファイル 198-3.jpg

拡大です(*^^)v
ファイル 198-4.jpg

バックアップ材を入れる程の深みでは無かった為、その隙間分全てコーキングを充填しました。

もうこれで安心です(*^_^*)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

リンク集

最近のコメント

Re:埼玉県東松山市の斉藤様邸です!
齋藤 茂
2016/05/09 13:14
Re:11月度の稼働近況です!
営業・原島
2012/12/18 21:54
Re:11月度の稼働近況です!
m
2012/12/17 23:49
Re:柳澤邸!完了です
営業・原島
2011/07/26 15:52
Re:素敵なパッケージ!!
営業・原島
2011/02/14 21:42