記事一覧

ペイントレボリューション 最終章

毎月随時レポートしたかったのでありますが、関係機関との協議もあったため、細かな報告ができずにおりました。
この記事を楽しみにしていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。
と言う訳で今回の記事をもって、ペイントレボリューションという表現は最後となります。
構想8年、準備期間1年6ヶ月のお時間を頂戴し、今週末辺りにその全てを発表する事が出来ると運びとなりました。

主に戸建施工を中心とした塗装店の集まりとなり、塗料メーカーの技術協力のもと、その会が誕生します。
近年でも様々な塗料メーカーを基盤とした会が存在しますが、どれが良い悪いという問題ではなく、
誰の為に存在しなくてはならないのか?を最重要項目としております。
皆様の中でもこの業界に対しての熱い思いや展望などお持ち、日々奮闘しておられると思いますが、
私達もその思いに負けず熱い思いを込めて、自分達の未来や現在を変革していこうと考えています。
このお仕事だけではありませんが、お客様が相手という事であり、今回は何が必要なのか?何が不要なのか?等、
全てユーザー目線で考え、それを形にする事が出来ました。

ペイントレボリューションという表現を使う最後として、今日まで係り合って下さった全ての皆様には心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

いよいよ塗装業界の新たなスタイルが誕生致します(^^ゞ

ペイントレボリューション VOL.2

今回で2度目の記事となります^^;
毎月1回を目標にしておりましたが、その形の枠組み作りにお時間がかかってしました為、今日となりました^^;
*ペイントレボリューションは同業者様向けのメッセージになります。

まず自分たちの業界、お仕事のお話になりますが、一般の方から見て、本当に塗装工事が必要なのか?という疑問が、多く感じられます。
私は、元々不動産に勤めていたため、十数年前の建築事情から今日まで、冷静に見て参りました。
少なくとも稼業が塗装であったため、建売やハウスメーカーの物件を進める際には、屋根材・外壁材の耐久(メンテナンス)
のお話をする時に、親方から聞いていた事もありますが、「この素材半永久的に持ちます」なんて説明は一度もしたことが無かったです。

しかし、その業者つながりの中、又はメーカー説明会でお会いした別の営業マンのお話では、「後々メンテナンスする必要性があると言ったら、
簡単に建物なんて売れないよ」と聞いた時は、本当に驚きましたので、あながちそんな説明もあったかと記憶しています。

悪意は無いのですが、売る事が先行されて、あえてマイナス要因は伏せていたという事です。

その、お施主様でありますが、最初にフリーメンテナンスなんて聞くと、その事を長い間信じておられる傾向にあります。

現にお仕事をさせて頂いたご近所様から質問された事がありますが、「うちは塗らなくて良い素材と聞いたけど、本当のところはどうなんですか?」
まだ、このように聞いて下さる方は、現況を見てお話はできますが、「うちは塗らなくて良いと言われたから、塗装工事の必要はないのよ」というお客様は、
あえてこちらから営業しているつもりは全くありませんが、誤解されているように感じます。
瓦やレンガ等の無機質であれば、確かにメンテナンスの必要はありませんが、
それ以外のものは、確実に経年劣化され、やはり何かしら手を入れなければなりません。

私が申し上げたいのは、無機質以外の素材は、美観を損なう・劣化による弊害が付きまといますので、塗装は無くてはならないという意識を、
一般の方に植え付けなければならないという事です。

お腹が空いたら、ご飯を食べる、建物が傷んできたらメンテナンスをするという日常感覚、すなわち塗装が必要であるという文化を根付かせて行きたいと考えます。
塗装のおかげで、多くのお客様に喜びと感動を与えている事は、皆様も立証済みだと思います(*^_^*)

しかし、私いち塗装店が、その事を申しあげても、あれ?なんか言っているという事になるのは確実なので、もう少し上のところから、
その必要性を謳う事にし、今年のGW明けにあるメーカー協力の元、大プロジェクトを行う事が決定いたしました。
(ちょっと大げさですm(__)m)

真剣に、この業界をスタンダートにする!という強い意志を持つ同志募ります!!

続きは、また次回です(^^ゞ

ファイル 90-1.jpg

ペイントレボリューション VOL.1

本日より約6ヶ月のスケジュールで題名の通り、塗装業界の革命?なる話題を連載していきたいと思っております。
長丁場ではありますが、ユーザーさま&特に同業者さま、お付き合いの程宜しくお願い致しますm(__)m

早速本題に入りますが、当サイトを見る限りでは、私はいち塗装店の営業の1人にしか過ぎません。

ですので、その仕事の方向性を考えた時には、どのようにしたら当店は繁栄するのだろうか?
どんなメッセージを伝えれば、うちの良さが分かってもらえるのだろうか?
どうしたらホームページのアクセスがupするのだろうか?
どうしたらお客さまとより良い縁に結ばれるのだろうか?
この?は自分の所だけ関わらず、同じお仕事をされている人でありましたら、
共通のテーマである事は言うまでもありませんよね。

しかし、上記の?を解決させるには、みなさん様々な工夫をされており、最近ではどの同業者さまのHPを見ても、
同じような事が羅列されているだけであります。

この部分だけでお互いに戦っても、塗装をしなくてはならないユーザー様の数、その必要性を感じている方が
圧倒的に少ないので、所詮業界内で模索しているにしか過ぎません。

今後この業界がどの方向性に行かなくてはならないのか、私が思うには、塗装工事は家のメンテナンス、
カラーによって得られるゆとり感、安心して依頼できる業界のシステム、これらが絶対的に「必要」であると言う、
ペイントの文化が根付く事だと考えます。

すなわち、絶対的な「塗装って大切だよね」という、ユーザーさまへのアプローチなんです。

上記を確立するためには、1人で騒いでも始まりませんし、同業者だけ集まっても可能になるものではありません!

製・販・装が一帯となってとは、かなり昔からお馴染みの格言になりつつありますが、そのペイントの文化を標準にするため、
自社の営業の傍ら、いや将来の自分達のあり方を位置するため、今後頑張って行こうと動きだしました。

ぜひ全国の同業者さまの中でも、同じ事を考えておられる方がいらっしゃいましたら、今後もこちらのペイントレボリューションに
お付き合い頂き、アクションが表面化したらご協力の程重ねて宜しくお願い致します(^^ゞ
1社より10社、10社より100社・1000社の方が立ち上がれば、きっと実現早しですから(^^)v

28歳でこの業界に入り、あっという間でもうじき41歳になろうとしています。
10年なんてすぐですね^^;
ユーザーさま、同業者さま、うちのスタッフ、家族みんなハッピーになるよう、最後の業界貢献だと思って取り組みます(*^_^*)

ファイル 77-1.jpg

つづく。。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

リンク集

最近のコメント

未承認
未承認
2017/06/07 15:22
非公開
非公開
2017/05/08 18:08
Re:埼玉県東松山市の斉藤様邸です!
齋藤 茂
2016/05/09 13:14
Re:11月度の稼働近況です!
営業・原島
2012/12/18 21:54
Re:11月度の稼働近況です!
m
2012/12/17 23:49