記事一覧

火災保険を使った低コスト修繕のお知らせ!

誰もが家を建てた時に入る火災保険。
一般的に知られていないお話しと致しまして、火災保険を使って、自然災害による部材の損傷回復について費用が降りる?

最初は何の事でしょうか?ぐらいにしか思っていなかったのです。

火災保険を使う時って、いつだろう?
日常で知っていた事は、

「家が火事になった時」

「雪や雹で雨樋やカーポートが壊れた時」

おおむね、これぐらいです。

しかし、当店では昨年、低コストリフォームを実践している、友人、日本塗装交流会(ペイントファン倶楽部)のメンバーでもある
(株)アイプロの森さんより、「火災保険を使った低コスト・リフォーム」のコンサルティングを受けて、適正な診断・申請報告書作り・見積書などを習得致しました。

そうなりますと、自然災害と認められる物損は(保険会社さまの鑑定にもよりますが)ほぼ、使えると言う事が分かりました!!
(過去何年かにさかのぼってでもです)

いつ使うの?今でしょ!と言う、林先生ばりの冗談はおいておいて、その結果、2015年の8月より約1年で、
7件のお客様(うち3件の方は当店で二度目の塗装工事のOB様)を申請し、金額だけ記しますと平均50万円以上の保険金を、お客様が手にされて、自己資金に足しにして頂き、工事か完了しています。

*お見積もりの金額の全額まではいかなくとも、保険会社さまの鑑定において、保険金をお支払いするにあたって適正であると認められた事でございます。

現在は、さいたま市の住宅塗装を行っております。
こちらのお客様は12年前に当店で施工して頂いた方でありますが、2年前の雪の被害によって損傷したもので、その現状回復に際してのお見積書額に、ほぼ近い金額が支払われる事になりました事を知りました。(価格については、ほぼ1棟の足場費を含めた塗装工事費用に近い額になります)
状況的には、これだけでそんな高額な保険金が?と思うかもしれませんが、下記の写真をご覧ください。

雨樋が歪んで外れそうになっている。(全部交換します)
ファイル 527-1.jpg

外溝フェンスの破損などです。(部分交換します)
ファイル 527-2.jpg

今後、お見積もりをご依頼されるお客様に際しましては、自然災害と認められそうな損傷を発見出来ましたら、私共で調査し、
診断書作り、保険申請に必要な手順を詳しくお教えしたいと思います。
ただし、経年劣化等の傷みや破損に際しては、申請をしても保険金が降りる事はありませんので、その際にはご利用できない事を予めご了承下さいませ。

注)保険申請のお手伝いにつきましては、予め当店で塗装工事をご新規ご契約をして下さった方のみになります。
OB様のみ、ご契約前でも申請のお手伝いは行います。
戸建ての他、集合住宅、社屋なども可能です。

こちらは、お客様向けではない動画かもしれませんが、森さんに協力して体験談を語らせて頂いた、ユーチューブになります。
お恥ずかしいのですが、お時間がありました覗いてみて下さい。

それでは、引き続き頑張りたいと思います!

日本ペイント・パーフェクトインテリアEMO 実施工Part1

先日、日本ペイント・パーフェクトインテリアEMOの商品説明会に参加させて頂いた事は、こちらの営業日記にも記させて頂きましたが、今回はそのEMOを施工した模様をお伝えしたいと思います。

フィールドテスト(発売前のテスト)施工にご協力頂いたお客様は、川越市のブティック、ローザ・ロッサ様です。
以前、都内のマンションを施工させて頂いた、女優の青木英美さんのご紹介でありました。

EMO製品としては、flickerと言うテーマの向日葵(ひまわり)をチョイスしてもらいました。

まずは刷毛にたっぷりEMOを含ませて、クロスさせ交互に塗りつけて行きます。
ファイル 525-1.jpg

塗った後、約15分~20分ぐらいおいいて、半かわきぐらいの状態まで待ちます。
そこから専用のプラスチックのヘラを斜めにし、クロスにスライドさせて、模様を作ります。
イメージ的には、ゼリーペーストの時に、ヘラをすべらして模様を整えて行く感じです。
ファイル 525-2.jpg

オーナー様にヘラをもって頂き、一緒に模様を作って頂きました。
EMOはやり方さえ覚えてしまうと、私たちのようなぺインターだけではなく、一般の方も会話をしながら楽しんで行える製品なんです。
ファイル 525-3.jpg

完成品です!(^^)!
乾きますと、イエローがより冴えますので、本当に素敵な模様で仕上がります。
ファイル 525-4.jpg

この度、EMOの施工に際しまして、ご協力を頂戴致しました、浦中オーナー様には心よりお礼申し上げます
素敵なお洋服がたくさんあります!皆様もぜひお立ち寄りくださいませ。

川越ローザロッサ
川越市南通町15-21 ☎︎ 049-225-6389
open12時~19時 火曜定休

ファイル 525-5.jpg
↑リニューアルオープン!
青木英美さん オーナーの浦中さまです(^_^)

女優の青木英美さんもご来店され、完成された日本ペイント・パーフェクトインテリアEMOの前で、ポージングをとって頂きました(^^)/
その模様は次回へ

続く!

日本ペイント・パーフェクトインテリアEMO発表会 Part2

6月7日に、日本ペイントより発売された、内装用水性特殊多彩意匠仕上材!
「パーフェクトインテリアEMO」でありますが、当日発表会で頂いたカタログのご紹介をさせて頂きます。

まずは表紙です。
右側の赤系のEMO Silkはコンセプトになります。
ファイル 524-1.jpg

続きまして、製品になりますが、4つのテーマに分かれ、1テーマごとに3パターン、計12パターンが用意されています。

陽のさざめき
EMO flicker
ファイル 524-2.jpg

絹の艶めき
EMO silk
ファイル 524-3.jpg

星の瞬き
EMO twinkle
ファイル 524-4.jpg

雪原の煌めき
EMO frost
ファイル 524-5.jpg

当店においても、上記のパターンをいくつかテスト施工させて頂きました。
その模様は、次回お知らせ致しますね。

続く!

関西ペイント・アレス虫よけクリーン・塗料!

現在作業をしている建物。
別荘地と言い事もありまして、土地柄そして機能的なものを選定し、塗装を施しています。

関西ペイント・アレス虫よけクリーン。
ファイル 523-1.jpg
こちらの塗料は、艶消しのクリヤーになります。
作業中、特にいやな臭気もあるわけでなく、塗布した後に、その凄さを感じました。

虫よけ塗料と言っても、殺虫剤のようなタイプではなく、「虫さんが、このアレス虫よけクリーンを塗ったところに停まると、後悔する?」そうであり、もうこの壁からは、一刻も早く逃げたいと言う、人はには分かりませんが、虫さんにとっては強烈なようです。

ファイル 523-2.jpg
現に翌日、塗布されたところに停まった虫さんが、早く部屋の外に出たいと暴れておりました。
ネタのように聞こえるかもしれませんが、本当に真面目なお話しです<(_ _)>
これ良いと思います(^_-)

原島塗装店ホームページ開設18年!

1998年の6月にホームページを開設して、今年で18年目となりました。
まだ開設した当時は、ヤフーで検索しても塗装業者は5社ぐらい。
塗料販売店さんや塗料メーカーさんを合わせても20件近くしか、登録されていなかった事、記憶しています。

当店より前に開設した同業者さまのホームページで存在するのは、日本塗装交流会メンバー、九州・佐賀県のウスイ塗装店さん「お家の見張り番」だけであります。

原島塗装店の当時のホームページ
ファイル 522-1.jpg

ファイル 522-2.jpg

お仕事のご縁を頂くと言うよりは、住宅の塗り替えは工務店やリフォーム業者ではなくても、直に私たちが出来るんですよ!と言う情報発信が始まりでありました。
(当時の塗装店は下職と言われ、下請けや孫請けと言った、建設業界の多重構造の中で、川下に位置していた為です)

現場職人を始めたころの、原島信一(^^;)
ファイル 522-3.jpg

父の代から、今年で創業37年に比べますとまだまだではありますが、ホームページをご縁で施工させて頂いたお客様は、約950件で、そのお客様からご紹介を頂いた件数を合わせますと、1,200件は超えている状態でございます。

たった数名の塗装店、全国売上では、ほぼ後尾で順位すら出ない、私共ではありますが、目の前のお客様を大切にする気持ちを秘め、ひとつひとつまた時を重ねて行きたいと思います。

これからも、原島塗装店を宜しくお願い申し上げます。

埼玉県東松山市の連棟・塗装工事完了!

今回の施工は、15年前に行わせて頂いたお客様と、今回が初めてと言うお客様7棟を続けて行わせて頂きました。

再度お仕事のご依頼を頂ける事は、本当に嬉しく思いますが、一緒に初めてと言う方のご依頼は、地域の方の信用をなくしては有り得ない事であります。
これに甘んじる事無く、引き続き頑張って行きたいと思います。

O様邸(OB)
ファイル 526-1.jpg

Y様邸(OB)
ファイル 526-2.jpg

O様邸(OB)
ファイル 526-3.jpg

M様邸(ご新規)
ファイル 526-4.jpg

Y様邸(ご新規)
ファイル 526-5.jpg

当初のカラーも気に入っていたのですが、せっかくの塗り替えですから、イメージを変えたいという事で、どのお客様も素晴らしく生まれ変わりました。

仕様につきましては、サイディング壁のお客様は下記の通りです。
屋 根 日本ペイント サーモアイSi
外 壁 日本ペイント パーフェクトトップ
付帯部 日本ペイント 1液ファインフッ素UV

外壁がボードの方は、外壁の仕様のみ、日本ペイントのインディフレッシュセラに、変更致しました。

この度は再び、そして新たにご利用下さいましたお客様には心よりお礼申し上げます。

日本ペイント・パーフェクトインテリアEMO発表会 Part1

6月7日、Techshop Tokyo(港区赤坂)で、日本ペイントの内装材、
「パーフェクトインテリアEMO」の新製品発表会があり、参加して来ました。
ファイル 521-1.jpg
*以下、EMO paintと表現します。

今回は、当店も日頃お世話になっている、(株)ブルースタジオ様が、本製品をブランディングし、日本ペイントと一緒に世に送り出す、業界初の試みでありました。
その歴史的瞬間に立ち会うべく、発表会そして製品を体験致しました。

最初に日本ペイントの喜田常務より、製品の詳細が発表されました。
パーフェクトインテリアEMOの開発背景は、東南アジアにて展開中の内装品をヒントに、日本向けに新開発したとの事。

ファイル 521-2.jpg

続いて、ブルースタジオのクリエイティブディレクターの大島さんは、発表会でこう表現されました。
ファイル 521-3.jpg

従来のペイントは、デザイナーや発注者が決めたカラーを仕様に従い、忠実に塗る事。
しかし、そこには要望通りの施工が出来ていれば良しだが、やれ艶だのムラがあるだのと、人の目の違いでクレームに発展する事になる。
仕上がりには、何の会話も存在しなく、ただ塗って終わったと言う結果だけ残る。

一方、EMO Paintは、「ハプニングだと」。
デザイナーや発注者、そして塗る職人が会話をし、どんな風に仕上がるのか?
期待感と笑顔が生まれる。
決して、こうでないと正解と言う見本は存在しない。
EMO Paintを触れた者だけが知る、達成感。
そしてテクスチャー(模様)はオリジナル。
作り終わった後には、人と人とのコミュニケーションが、そのウォール(壁)に表現される。
総括してハプニングを楽しもう!そこにクレームも存在しない。

私は大島さんのお話を聞いて、誰もがこのEMO Paintを手にすれば、ペイントの素晴らしさや楽しさ、素敵差を実感出来るのではないかと感じました。

ファイル 521-4.jpg

ファイル 521-5.jpg

続く!

埼玉県東松山市の斉藤様邸です!

この度施工させて頂きました東松山市のお客様ですが、今から15年前に最初の塗装させて頂いた齋藤様でございます。

ホームページを開設した初期の頃で、お問合せを頂戴し、お見積もりにお伺いした際に、玄関をあけたところ、たくさんの靴が置いてありまして、齋藤様は大家族なんだなぁと即座に思いました。

ところが、お部屋に通されたところ、ご近所様が図面を持っておられ、ご一緒に斉藤様と施工してほしい方がお集り頂いておりました(^^;)
結果として8件続けて行わせて頂く事になりました。

そして今回は2度目の塗装と言う事になりまして、前回の仕様よりグレードアップしました。
カラーもツートンにし、とっても素敵に仕上がりました。
仕様は下記の通りです。

屋根 日本ペイント・サーモアイSi クールライトグレー
外壁 日本ペイント・パーフェクトトップローズ(薔薇の香り付き塗料)
外壁上段 Hana701
外壁下段 Hana702
雨樋 破風板 帯 75-30D
オブジェ格子 N-90

施工前
ファイル 520-1.jpg

完 成
ファイル 520-2.jpg

施工前
ファイル 520-3.jpg

完 成
ファイル 520-4.jpg

齋藤さま!この度は再び当店をご利用下さいまして、誠にありがとうございました。
当時より応援して下さり、そして色々学ばせて頂いたおかげで、今日の当店が存在致します。
これからも驕ることなく、精進して参りたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

当時の様子は施工見本として記録しております。
http://www.harashima.com/jirei/file22.htm

埼玉県上尾市のI様邸です!

この度のお客様、I様でございますが、お隣のT様にご紹介頂きまして、ご縁となりました。
15年前にT様邸を施工した際に、次はここに頼んでみようか、と思っていて下さったそうです。
その思いだけでも十分に嬉しく思います。

外壁仕様は、日本ペイント・ラジカル制御型のパーフェクトトップ。
屋根は遮熱塗料で、日本ペイントのサーモアイSi、付帯部は、日本ペイントの1液ファイン4Fになります。
カラーについては、横張のサイディングを一枚帯にして、上下をわけるツートンで行いました。

施工前
ファイル 519-1.jpg

完 成
ファイル 519-2.jpg

屋根完成
ファイル 519-3.jpg

ファイル 519-4.jpg

ファイル 519-5.jpg

I様!この度はご利用下さいまして、誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します!

埼玉県上尾市のT様邸です!

この度のお客様、T様でございますが、15年前にホームページからのお問合せでご縁を頂きました方になります。
2度目の塗り替えと言う事になり、大変嬉しく思います。
当時は、日本ペイントのシリコン塗料が発売されたばかりで、初めてそのシリコンセラを使ったお客様が、このT様になり大変思い出深き工事となりました。

外壁仕様は、シリコンよりぐんと進んでラジカル制御の無機塗料を使う事になりました。
屋根は遮熱塗料で、日本中央研究所のアドグリーンコートEX、付帯部は、日本ペイントの1液ファイン4Fになります。
外壁のカラーは、当時の状態を再現致しました。

水洗い時(現在は飛散しないように、カバーがついているもので洗浄します。
ファイル 518-1.jpg

外壁の塗装・上塗り2回目(奥山くん)
ファイル 518-2.jpg

付帯部の塗装(奥山くん)
ファイル 518-3.jpg

施工前
ファイル 518-4.jpg

完 成
ファイル 518-5.jpg

T様!この度は再びご利用下さいまして、誠にありがとうございました。
また、お隣のS様もご紹介くださいまして、重ねてお礼申し上げます。

日進産業ガイナ 体験の生の声を頂きました!

私共、施工店においても塗料メーカーが作られる製品の良し悪しは、塗った後に時間が経って分かる事もあります。

それは皆様もメーカーのカタログに書いてある事を、全面的に信用し、またはホームページで検索をして情報を得られる時代にはなっておりますが、やはり一番は施工したお店の感想や体験、そして実際のお客様の声を聞きたいと言う事が本音ではないでしょうか?

今回は、昨年の11月にさいたま市見沼区で日進産業・ガイナを選定しての、断熱・遮熱の効果があったのか?生の声をメッセージ頂きました。

本来でありましたら、これは私共の会社の経験・体験ノウハウになる部分でありますが、こちらに掲載しても宜しいでしょうかと言う事をお客様に御相談した所、個人名も出して良い、そして更なる詳細をお知らせ頂きましたので、お客様を尊敬する思いを込めて記させて頂きたいと思います。

快諾頂きました、久保田様には心よりお礼申し上げます。

まずは施工の写真です。

施工前
ファイル 516-1.jpg

完成
ファイル 516-2.jpg

屋根の施工前
ファイル 516-3.jpg

屋根の完成
ファイル 516-4.jpg

ファイル 516-5.jpg

以下、久保田様より頂きました感想コメントです。

*****************************
「ガイナの効果について」
プレハブ構造の我が家は、夏場に窓を閉め切って外出し帰宅すると2階は38℃を超え、エアコンを付けてもなかなか冷えない状況でした、ガイナ施工後は最大でも35℃程度と3℃~5℃低くなりました。1階においては31℃~32℃と扇風機で何とか過ごせるくらいに下がりました。
なので、電気代が10%位安くなるように思います。

冬場は、暖房で温めた室内の温度が、冷めにくくなったことが大きく、2階の北側は暖房を付ける前は4℃位まで下がりましたが、施工後は8℃位までしか下がらなくなりました。

エコキュートのタンクにもガイナを塗装していただいたため、保温性が向上したせいか冬場の残り湯が多くなりました。

以上のようにガイナは冬・夏ともに効果がありエコな塗装としてはお勧めできる塗料だと思います。また、耐久性も良いようなので塗装のライフサイクルコストは安くなると思います。

ただ1点欲を言わせてもらえば、施工後の表面がざらざら感が出てしまう点が唯一気になる点です。

「原島塗装店について」
ガイナの効果の件もさることながら、施工スタッフの土川さん、奥山さんの施工がとても丁寧であり原島塗装店に依頼して良かったと心より思っております。

特に、コーキングについては、古いコーキングを施工しにくい場所でも時間をかけて撤去し新しいコーキングをしてくれました。コーキングの施工にこだわっていた私にとっては大変うれしい限りでした。
コーキングの施工に3日間を費やしたのも仕事が丁寧である証であると思います。

営業の原島さんも自宅の写真を撮り色のシュミレーションができるパソコンで、自宅をさまざまないろにシュミレーションしていただきとても納得したうえで色決めをできたこと、近隣挨拶では小さいですがおしゃれな美味しいクッキーと案内チラシを用意して下さり挨拶に回ってくれたことなど、とても感謝しております。

次回も是非原島塗装店にお願いしたいと思っておりますが・・・後継者が心配かな?
*****************************

ぜひ、断熱・遮熱塗料をご検討のお客様は、ご参考にして下さいましたら幸いでございます。

日本中央研究所 アドグリーンコート施工!

この度の施工は、ホームページよりお問合せを頂きご縁となりました、さいたま市北区のS様です。

近年遮熱や断熱と言ったキーワードが、塗料業界で流行る勢いで、どこでも目にする事と思いますが、各社が出している塗料においても、用途などが様々です。

今回は、日本中央研究所社製の「アドグリーンコート」を屋根に使用致しました。
外壁は、日本ペイントの「パーフェクトトップ」で行いました。

当店においてカラーシミュレーションを作成し、この度の外壁のカラーを選んで頂きました。

アドグリーンコートの特徴、私共がなぜ仕様で選定しているのか?簡単に説明させて頂きます。(近日中別コンテンツでご紹介致します)

アドグリーンコートは、建物を夏は涼しめに、冬は暖かめにすると言う塗料であります。

この時期は夏ですので、涼しめ?にするメカニズムをお話させて頂きます。

夏場の気温の上昇による暑さ、体温が異常に上がり不快になる。
これは全て太陽光の熱によるものと言われています。
しかし、太陽の熱が直接地球上に来れば、熱いどころか、全体が焼けて火事になります。
何千度という熱が物体にあたれば、当然そうなりますよね。

ところが太陽から地球、地上に熱が来る事を、熱伝導とも言いますが、赤外線と呼ばれる電磁波で地上に揺れながら(ある波長で)降りてきます。

これは電子レンジにも応用されているのですが、物に含まれる(人体もそうですが)ある波長の電磁波で分子(水分)を揺らした時に、熱が発生し温度が上がると言う仕組みになっています。

冷凍食品などは分子(水分)のを揺らされる事によって、温められるのです。

人が暑く感じるのは、身体の分子が電磁波によって揺らされているから、その揺れが強ければ強い程、暑いと感じるのです。

このアドグリーンコートは、地上に降りてくる電磁波が物体に届いた時に、その電磁波を「なだめる」と言う役割を担う塗料なのです。

屋根や壁に塗付した際に、その表面においては、特殊なセラミックを使っておりますので、結果として抑えられ、室内に入る輻射熱を抑制すると言う効果になります。

電機製品など、昔はパソコンも大変分厚いものであったかと思います。
それはパソコンの中の機械温度を下げる為に、空調機器を入れていたので、薄型のものは出来なかったのです。

身近で言えば、携帯電話も、今は薄型ですが、半導体は熱を持ちやすいので、その部分にも、この製品に使用されている特殊セラミックッスを混合する事により、薄型でも火傷せず持てるようになっています。

詳しくは、日本中央研究所のサイトでもアドグリーンコート(熱をなじませるセラミック、アドマファイン)の説明が記させております。
http://www.nck-inc.com/

こういった、日本中央研究所の技術が応用されているのは、塗料だけではない事を分かって頂けるかと思います。
当店では、この技術など大変に素晴らしいと感銘をうけて、日進産業のガイナ(塗る断熱材)と同様に、施工アイテムにラインナップさせて頂いております。

お話が反れましたが、S邸も大変に素晴らしく仕上がりました。

施工前
ファイル 517-1.jpg

施工後
ファイル 517-2.jpg

屋根の完成
ファイル 517-3.jpg

付帯部
ファイル 517-4.jpg

ファイル 517-5.jpg

S様
この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。
引き続き宜しくお願い申し上げます。

埼玉住まいEXPO 2015年に出展!

6月27日(土)~28日(日)の2日間。
さいたま新都心・スーパーアリーナで開催される、埼玉住まいEXPOに当店も出展させて頂く事になりました。

普段、ペイントカフェで行われている住宅の塗装工事のご相談や、色彩提案、機能性塗料のご紹介を行わせて頂きます。

入場料は¥2,000になりますが、事前登録で無料になりますので、ご来場を希望される方は、ぜひ下記のページよりお申込み下さい。
https://sys.trso.co.jp/housing_saitama/reserve/reg_member.php?event_id=1


また、時間的に予約を希望される際には、下記のアドレスまでメールご連絡を頂けましたら幸いでございます。

info@harashima.com


イベント開催要項
平成27年6月27日(土)~28日(日)
開催時間 10:00~17:00
開場 さいたまスーパーアリーナ
公式WEB http://www.housingfair-saitama.jp/

ファイル 513-1.jpg

ご来場心よりお待ち申し上げます。

炊き肉牛ちゃん 恵比寿店 オープン!

今までは鹿児島県でしか食べられなかった、炊き肉牛ちゃんが6月12日に、恵比寿にオープン致しました。

お友達の前園さんが、鹿児島に戻った時に必ず寄るお店だそうですが、今回オープンして、「いつでも関東で食べれるようになった」と大変に喜んでおられました。

焼き肉ではなく「炊き肉」です。

鹿児島のA5ランクの牛肉とお野菜を専用の鉄板に盛り、下から炊いて食べるのです。
本店と同じ、秘伝のつけタレで豪快に食べる!

自分も毎週通いたいぐらいです。
美味しい料理でしたよぉ(*^^)v

内装を手掛けさせて頂いたと言う事で、前日のプレオープンにご招待頂き店長とその味を堪能して参りました。
ファイル 515-1.jpg

凄いボリュームです(*_*; これで2人前。
ファイル 515-2.jpg

後から前園さんもお店に駆けつけて、駆けつけの1枚(^_-)
ファイル 515-3.jpg

当店もお祝いのお花を出させて頂きました!店長と前園さん
ファイル 515-4.jpg

室内での撮り方、勉強致しますm(__)m
ファイル 515-5.jpg

お店の情報です↓
「炊き肉」牛ちゃん
〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-10-11
フジワラビルアネックス 1F
Tel:03-6416-5688
営業時間17:00〜24:00
年中無休(年末年始を除く)

恵比寿に行く機会がありましたら、ぜひ行ってみて下さいね!

前園さんも、ご自分のLINEブログでお店の紹介していますよぉ↓
http://lineblog.me/maezonomasakiyo/archives/1030617472.html

炊き肉牛ちゃん 恵比寿店 内装塗装工事!

外壁の色を変化させ、塗装で人の心が安らぐ外壁塗装をメインに行っている当店ではありますが、空間・居心地が良くなると言った、内装塗装工事も手掛けております。

以前に、渋谷区で前園真聖さんと駐車場で撮った写真を日記にアップ致しましたが、実は今まで公表は控えておりましたが、お友達が経営するお店の内装塗装工事のご紹介をして頂き、その打ち合わせでお会いしておりました。

お店のご紹介は続きの日記で致しますが、作業をさせて頂いた部分を載せさせて頂きます。
塗装部分に関しては、厨房・ホール・個室・化粧室・テーブル等です。

カラーの打ち合わせの際には、お店のオーナー立ち合いの元、日本ペイントの中澤さんと行わせて頂きました。

壁や天井の塗料仕様は、日本ペイント・パーフェクトトップ(艶なし)
テーブルの塗料仕様は、和信化学・ネオスティン・カウンタークリヤー


ホール部分
ファイル 514-1.jpg
VIPルーム
ファイル 514-2.jpg

テーブル

ファイル 514-3.jpg

ファイル 514-4.jpg

さて、後はオープンを待つだけですね(^_-)-☆

ファイル 514-5.jpg

ページ移動

リンク集

最近のコメント

未承認
未承認
2017/06/07 15:22
非公開
非公開
2017/05/08 18:08
Re:埼玉県東松山市の斉藤様邸です!
齋藤 茂
2016/05/09 13:14
Re:11月度の稼働近況です!
営業・原島
2012/12/18 21:54
Re:11月度の稼働近況です!
m
2012/12/17 23:49